高いγGTPを下げる!今日からはじめる糖質制限ダイエットの超実践的手法

ダイエットブログ

肥満ホルモン抑制と糖新生。糖質制限ダイエットでやせる2つの理由

この記事のURLとタイトルをコピーする

太る原因は糖質にありました。

その糖質を制限することでダイエットをするのが糖質制限ダイエットです。

この記事では、糖質を制限することでやせる2つの理由について解説していきます。

肥満ホルモンの抑制ができるので痩せる

糖質制限でやせることができる一つ目の理由は、肥満ホルモンの抑制です。

糖質の摂取を制限することで肥満ホルモンの分泌を抑制することができ、結果としてやせることになります。

肥満ホルモンの正体はインスリン

肥満ホルモンの正体はインスリンです。

太る原因は糖質にあり?炭水化物と何が違うの?糖質についてマルっと解説で紹介したように、インスリンが血糖値を一定範囲に保つための役割を担っており、血糖値を下げるために糖質をグリコーゲンや中性脂肪として蓄える働きをします。

・血糖値が上昇すると、適正値に戻すことを目的としたインスリンホルモンが分泌されます。血糖値を下げるためにブドウ糖を肝臓へ移動させグリコーゲンという形で蓄えます。
・グリコーゲンとして蓄えられる量を超えると、インスリンはブドウ糖を中性脂肪という形で保存しようとします。この無制限に蓄えられる中性脂肪が太る原因です。

インスリンを抑制することでやせられる

肥満ホルモンであるインスリンの役割は血糖値を一定範囲に保つことです。

つまり、糖質を制限することで血糖値の上昇を抑えることができ、インスリンの分泌を抑制することで痩せることが可能です。

脂肪が燃焼するので痩せる

もう一つの理由は糖新生という体が糖を作り出す仕組みによるものです。

糖が不足すると体が自分で糖質を作り出す

ブドウ糖が不足すると体は糖新生によって不足分のブドウ糖を自ら作り出し血糖値の補正を行おうとします。その際に中性脂肪が燃焼します。

糖質制限をして体内のブドウ糖が不足すると、中性脂肪がどんどん燃えていくのです。

血糖値の急上昇は危険

血糖値の急上昇は「血糖値スパイク」と言われ糖尿病や心筋梗塞など重要な健康被害を及ぼす可能性があります。

血糖値スパイクとは、食後などに一時的な血糖値の急上昇のことをさします。食後高血糖などとも呼ばれます。

一時的な上昇なので健康診断などで発覚しにくいのが特徴です。

適切な糖質制限ダイエットをすることで、血糖値スパイクの解消も期待できます。

ケトン体が脳のエネルギー源になる

ブドウ糖が不足すると脳のエネルギー不足になってしまうのではないか?と不安になる人もいるかもしれません。

しかし、心配ご無用です。糖新生を行うときに肝臓で「ケトン体」という物質が作られます。このケトン体がブドウ糖に変わる脳のエネルギーとなってくれるのです。

まとめ

この記事では、糖質制限ダイエットでやせる理由について説明しました。

  • 糖質を制限することで血糖値の上昇を抑えることができ、インスリンの分泌を抑制することで痩せる
  • 糖質制限をして体内のブドウ糖が不足すると、糖新生の働きによって中性脂肪がどんどん燃えていく

投稿日:

Copyright© ダイエットブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.